ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、H.R.S事務所です。
雨が続いていますね~。。

本日は雨漏りの事例の一つをご紹介したいと思います。

棟部の漆喰を塗り直してから、その後位から雨漏りが起こるように
なってしまったというケースです。

瓦屋根の施工に使われている漆喰。
年数が経ち、劣化が起きますと
変色・はがれ・ヒビなどの症状が起きてます。

放っておくとそのヒビなどから雨が入り込み、雨漏りを
引き起こしてしまうので、塗り替えなどが必要となります。

でも、漆喰を塗り直したのに、雨漏りをするなんてなぜ?
おかしい話ですよね。

原因は、古い漆喰を取り除かずにそのまま
上から増し塗りをしたことが考えられます。
漆喰を厚く塗りすぎると、雨水を内側に呼び込んでしまい、
それが雨漏りにつながってしまうのです。

屋根漆喰がはがれてしまったから、上から
塗ろうという安易な処置は後々雨漏りにつながってしまうので
注意して下さい。

瓦屋根の漆喰は定期的なチェックをお勧めします。

屋根漆喰のチェック、その他点検等だけでも承っておりますので
お気軽にお問合せ下さい。

 

 

2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 翌月

バックナンバー

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます!日本雨漏り修理専門119

H.R.S ホリ・リフォームサービス

0120-099-8460120-099-846
株式会社H.R.S
〒939-8114 富山県富山市城村113-5
受付時間:朝9時~夜8時まで 
土日、祝日も受付中
  • 対応エリア:
    富山県・石川県
  • グループ対応実績:
    年間500棟以上