ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、H.R.S事務所です。

今日はカラーベスト屋根の「棟カバー」についてお話します。
皆さん屋根のこの部分をみたことがありますか?

「棟カバー」と呼ばれる部分です。
通常この下には木下地があってそれに棟カバーが留め付けられています。

この棟カバーは台風の後などに「外れてしまった、、」
というお問い合わせがとても多い箇所です。

経年劣化により中の木下地が傷んで留め付けていた釘が抜けてきてしまうんです。

こんな状態になっていると中の木下地は多くがこの様になっています

 

こんな時は腐りにくい樹脂製の下地に取り換えることをお勧めします。
木下地と違い大変腐りにくく丈夫です。
その上ビスで留め付ければ抜けてしまうこともほぼありません。

屋根のリフォーム又は、修理を考えておられる方は
ぜひお気軽にご相談下さい!

 

 

2019年07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

バックナンバー

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます!日本雨漏り修理専門119

H.R.S ホリ・リフォームサービス

0120-099-8460120-099-846
株式会社H.R.S
〒939-8114 富山県富山市城村113-5
受付時間:朝9時~夜8時まで 
土日、祝日も受付中
  • 対応エリア:
    富山県・石川県
  • グループ対応実績:
    年間500棟以上